2014年03月18日

飛蚊症は悪化していくしかない?

飛蚊症は年をとるに重ねて、
悪化していくしかないというのが、
病院の見解のようです。

良くて、現状維持です。

飛蚊症は、硝子体の繊維が壊れて、
その壊れた繊維が浮いているのが見えているのです。

なので、歳を重ねるに連れて、
だんだん壊れていきますので、
飛蚊症は悪化していくしかないということになります。

悪化させないためにはどうするか?
と言ったら、硝子体の繊維が壊れることを
防げば良いわけですね。

もうこれ以上、繊維が壊れないようにすることで、
飛蚊症の悪化を防ぐことができます。

しかし、壊れてしまった繊維に関しては、
どうしようもありませんので、
ずっと浮いて見えるようになります。

なぜなら、壊れた繊維だけ取り除くことは
できないからです。

薬で、溶かしてしまうこともできますが、
それをしてしまうと、壊れていない正常な繊維まで
壊してしまいます。

なので、現状維持か悪化以外にないのです。

しかし、現状維持をするにしても、
ずっと注意する必要があります。

ルテインを取るようにしたり、
目を休めるようにしたり。

毎回毎回それができれば良いのですが、
それは難しいのではないかと思います。

そうすると、徐々に徐々に悪化していってしまいます。

なので、現状維持をすることは、
非常に難しいと言えます。

そうなると、悪化するしかないんですよね。


しかし、本当にそれしかないのかと言われると、
そうでもありません。

飛蚊症の治し方は存在します。

それは、飛蚊症になった根本的な原因を突き止めて、
その原因を取り除くという方法です。

ここで、難しいのは根本的な原因を突き止める
という部分です。

私はここでつまずいてしまっていたため、
飛蚊症を治すことができませんでした。

ところが、この本を読んで、飛蚊症の原因を
つかむことができました。

この本を書いた著者は、多くの飛蚊症患者を
診ているため、飛蚊症になる原因の多くを
知っているのです。

だから、私も飛蚊症の原因をこの本のおかげで
突き止めることができたのです。
タグ:悪化 飛蚊症
posted by しんちゃん at 16:21| Comment(0) | 飛蚊症 悪化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

飛蚊症の治し方のルテインとは

飛蚊症の治し方として、ルテインに
期待を持たれている方が多いようです。

病院で治らないと言われてしまう以上、
何か、他の方法で治す以外にないですしね。

そもそも、ルテインとは何なのか? と言いますと、
ルテインとは、眼の水晶体の中に多く含まれているものです。

そして、光を遮る役割を持っています。

紫外線などの光が眼に直接入ってくると、
大変なことになってしまいますので、
それを防いでいるのです。

なので、眼の中でもとても重要な役割を果たしています。

ルテインがないと、緑内障や白内障といった病気に
なってしまいます。

当然、飛蚊症の原因ともなります。

なので、ルテインを取ることは、
飛蚊症の予防にもなります。

光を遮ることにより、硝子体を守ることができ、
硝子体が濁ることを防いでくれます。


このルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。
また、ルテインを多く含んでいるサプリメントもありますので、
そういったもので、摂取することができます。


しかし、ルテインを取ることで、飛蚊症が治るのかどうか
と言いますと、人によります。

ルテインが原因の場合には、治るかもしれません。
反対に、ルテインが原因ではない場合、
ルテインを取っても、飛蚊症が治らないと思います。

なので、飛蚊症になった原因にあった治し方を
することが大切になってくるのではないか
と思います。

私はその飛蚊症の原因が何なのかが分からないがために、
これまでずっと飛蚊症で悩まされ続けていました。

しかし、飛蚊症の原因が分かったことにより、
飛蚊症を完全に治すとは行かないまでも、
気にならない程度にまでになりました。

原因が分かったのは、この本のおかげです。

原因を知るために、かなり遠回りをしてしまいましたが、
最近になってようやく、それはそれで良かったのかもしれない
と思うようにしています。
posted by しんちゃん at 05:00| Comment(0) | 飛蚊症のサプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

飛蚊症の治し方 目薬

飛蚊症の治し方として、なぜ目薬を差すことがないのか?
飛蚊症で病院に行ったとしても、「目薬を差しましょう」と
言われたことも、目薬を処方されたこともないのではないか
と思います。

私も、病院に行った時に、目薬について一切触れられませんでした。

では、目薬では飛蚊症は治らないのでしょうか?

厳密に言えば、治すことはできます。

飛蚊症の原因は硝子体の濁りにあります。
あのうようよ浮いているのは、濁りなのです。

その濁りの正体は何なのか? と言いますと、
コラーゲンです。

なので、そのコラーゲンを溶かしてしまえば、
飛蚊症を治すことができます。

それは目薬で可能です。

だから、目薬で飛蚊症を治すことができるのです。

しかし、コラーゲンは元々体内にあるもので、
当然目の中にも多く含まれています。

なので、元々は悪いものではないのです。

ただ、コラーゲンが老化してしまって、
はがれてしまったのが、浮いているのです。

ところが、目薬でその老化したコラーゲンを
溶かすことは可能なのですが、
そうすると、老化していないコラーゲンまで、
溶かしてしまいます。

そしたら、飛蚊症どころか失明するということにも
なりかねません。

だから、飛蚊症を目薬で治すことは不可能に近いです。


しかし、根本の原因を考えてみると、
ただ老化したコラーゲンが浮いているというだけに過ぎません。

しかもそれは、どこからか紛れ込んできたものではなくて、
元々体内にあったものなのです。

であれば、体内で対処することが可能だと思いませんか?

体の中にあるものなのですから、
体の中で対処してもらえれば、
それが一番なのです。

それをずっと研究し続けてきた方がいらっしゃいます。

その方も飛蚊症になってしまい、
大変な目に遭われて、何とかして飛蚊症を治そうと
考えた先に行き着いた方法です。

その方が、その研究成果を1冊の本に
まとめてくれました。

その本がこちらです。→こちら
posted by しんちゃん at 04:36| Comment(0) | 飛蚊症の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。