2014年02月19日

飛蚊症の治し方

今まさに飛蚊症で悩んでいる方は、

(1)病院で治るのか?
(2)治るとしたら、期間はどのくらいか?
(3)病院に行かずに、自力で治るのか?
(4)自力で治す方法はあるのか?
(5)絶対に治る方法はあるのか?

こんなところに関心があるようです。

まず、病院で治るのか? ということですが、

病院に行ったら、「飛蚊症は治りません」と言われたり、
「レーザー手術で治るかもしれません」と言われたり、
「角膜が薄いので、レーザー手術ができません」と言われたり、
様々な人がいるようです。

私は病院の先生に「飛蚊症は治りません」と
キッパリ言われてしまって、
もう放置するしかないと諦めていました。

また、レーザー手術をしたとしても、
治ったという人もいれば、治らなかったという人もいます。

なので、「相性」ということになると思います。

そして、(2)の期間なんですが、
レーザー手術自体はすぐに終わるみたいです。

2時間〜3時間で終わったという人が多いですね。

ただ、レーザー手術が終わった後に、
定期健診があるようです。

これが、2,3回、病院に行って、
その後の様態がどうかを聴くようです。


また、(3)の自力で治るか? ということですが、
私は完全に自力で治すことは無理だと思います。

サングラスを掛けて、飛蚊症を見えなくしたり、
サプリメントを飲んで、飛蚊症を治る
と言ってる人もいます。

サングラスについては、
飛蚊症は見えなくなったという人もいて、
サングラスが手放せないという人もいますね。

ただ、サングラスを外すとすぐに
黒い糸くずが見えるようになるとのことで、
飛蚊症が治ったという話は聞いたことがありません。

また、サプリメントですが、
私の周りでも、飛蚊症でサプリメントを飲んだ
という人も何人かいますが、
飛蚊症が治ったという話は聞いたことがありません。


なので、サプリメントで、
飛蚊症が治ったと言っている人は、
そのサプリメントが合っていただけです。

人によって効果がある人とない人がいて、
その効果のある人はサプリメントで飛蚊症が治っているのです。


要は、飛蚊症の原因を知ることが
重要になってきます。

なぜ、飛蚊症になったのか? ということで、
飛蚊症の治し方も変わってくるのです。

私は、飛蚊症の原因を知ることができたきっかけは、
前にも紹介したこの本でした。


また、飛蚊症が「絶対に治る方法」はないと思います。

それは、個人個人の「目」に違いがあるからです。

個人の視力、目の様態が違う以上、
万人に治る方法というのはないのではないでしょうか?

なので、レーザー手術ができる人もできない人もいますし、
レーザー手術をしても、治る人も治らない人も
いると思うのです。

私がこの本で学んだことは、目の仕組みを自覚できたことです。

それだけのことではありますが、
それがわからないから、何年間も治らなかったのです。
ラベル:飛蚊症 治し方
posted by しんちゃん at 09:02| Comment(0) | 飛蚊症の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。