2014年03月09日

飛蚊症の治し方 目薬

飛蚊症の治し方として、なぜ目薬を差すことがないのか?
飛蚊症で病院に行ったとしても、「目薬を差しましょう」と
言われたことも、目薬を処方されたこともないのではないか
と思います。

私も、病院に行った時に、目薬について一切触れられませんでした。

では、目薬では飛蚊症は治らないのでしょうか?

厳密に言えば、治すことはできます。

飛蚊症の原因は硝子体の濁りにあります。
あのうようよ浮いているのは、濁りなのです。

その濁りの正体は何なのか? と言いますと、
コラーゲンです。

なので、そのコラーゲンを溶かしてしまえば、
飛蚊症を治すことができます。

それは目薬で可能です。

だから、目薬で飛蚊症を治すことができるのです。

しかし、コラーゲンは元々体内にあるもので、
当然目の中にも多く含まれています。

なので、元々は悪いものではないのです。

ただ、コラーゲンが老化してしまって、
はがれてしまったのが、浮いているのです。

ところが、目薬でその老化したコラーゲンを
溶かすことは可能なのですが、
そうすると、老化していないコラーゲンまで、
溶かしてしまいます。

そしたら、飛蚊症どころか失明するということにも
なりかねません。

だから、飛蚊症を目薬で治すことは不可能に近いです。


しかし、根本の原因を考えてみると、
ただ老化したコラーゲンが浮いているというだけに過ぎません。

しかもそれは、どこからか紛れ込んできたものではなくて、
元々体内にあったものなのです。

であれば、体内で対処することが可能だと思いませんか?

体の中にあるものなのですから、
体の中で対処してもらえれば、
それが一番なのです。

それをずっと研究し続けてきた方がいらっしゃいます。

その方も飛蚊症になってしまい、
大変な目に遭われて、何とかして飛蚊症を治そうと
考えた先に行き着いた方法です。

その方が、その研究成果を1冊の本に
まとめてくれました。

その本がこちらです。→こちら
posted by しんちゃん at 04:36| Comment(0) | 飛蚊症の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。