2014年02月23日

飛蚊症はなぜ治らないと言われるのか?

私と同じように、飛蚊症で病院に行って、
病院の先生には「飛蚊症は治りません」と
言われた人が多いようです。

では、なぜ飛蚊症は治らないと言われるのか?

その理由を私なりに考えてみました。


それは、病院は薬で治療する所だからなのではないかと
思います。

病院の治療方法と言ったら、薬ですよね。
病院で薬を使わないことはありません。

そうすると、目の薬といえば、
目薬や注射ということになります。

塗り薬は不可能ですし、内服薬も厳しいです。

もし、飛蚊症が治る成分が入ってる内服薬があったとして、
それを飲んだとしても、
目にまで、その成分が届きません。


そこで、目薬の中に飛蚊症の治る成分を入れて、
それを差せば良いということになります。

それはできないことではありません。

飛蚊症の原因は硝子体の濁りですから、
その濁りを溶かしてしまえば良いのです。

しかし、そのためには高濃度の目薬を作る必要があります。

そうなると、硝子体の濁り所か、
他の部分も溶かしかねません。

最悪、失明ということもあります。

なので、目薬で飛蚊症を治すことはできません。


では、飛蚊症に効く目薬を作って、
目の中に注射すれば良いということになります。

医学の進歩により、白目から注射して、
硝子体に直接薬を注入するということが可能になっています。

なので、硝子体の濁りを溶かす薬をその方法で、
目に入れれば良いのではないかということになります。

しかし、これをしたとしても、濁り以外のものを壊しかねません。

硝子体の濁りは、コラーゲンの繊維です。
コラーゲンの繊維が目の中で浮遊しているので、
それが映っているのです。

なので、硝子体の濁りを溶かす薬ということは、
コラーゲンの繊維を溶かす薬ということになります。

すると、網膜の中に入っているコラーゲンも
一緒に壊しかねないのです。


なので、薬で飛蚊症を治すことができないのです。

だから、薬を使うことで治している医者は、
「飛蚊症は治りません」ということになります。


では、薬を使わないで治せば良いのではないか?
ということで、色々な実験をしてくれた人もいます。

その人が、その色々な実験をまとめてくれて、
どうしたら飛蚊症が治るのかということを
一冊の本にまとめてくれました。

それがこの本になります。→こちら

この本を読んで、私は飛蚊症になる原因を知ることができて、
どういった治し方をすれば良いのかということを
知ることができました。

ラベル:飛蚊症 治らない
posted by しんちゃん at 05:30| Comment(0) | 飛蚊症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

飛蚊症を治した体験

私は、中学生の時から飛蚊症で、
病院にも、「飛蚊症は治りません」と言われて、
諦めていました。

しかし、これに出会って変わりました。

糸くずがだんだん消えてきて、
クリアに見えるようになってきたのです。

完全に治ったのか?と言われると、
少しは見えますが、
前に比べると、全く違います。

ほとんど気になりません。


おかげで、仕事にも集中できるようになりました。

飛蚊症の時は失敗続きだった仕事が、
ちゃんとこなせるようになったのです。

今までは、上司に呆れられて、
雑務しか任せてもらえなかったのが、
徐々に、重要な事も任せてもらえるようになったのです。

飛蚊症が治ったおかげで、
上司からの信頼も取り戻すことができました。


飛蚊症が気になり、仕事ができなくて、
雑務しか任せてもらえなくて、仕事に対して
やる気もなくなっていたんですが、

重要な事も任せてもらえるようになったので、
仕事にハリが出てきました。


私が飛蚊症を治す手がかりを得たのは、
「本」でした。

以前にも紹介したこの本です。→こちら

この本を頼りに治る人は、
かなり多いと思います。

また、アドバイザーとして相談にものっていて、
実績があるようです。

治すには、色々な方法がありますが、
原因にあった方法を選ぶことが良いと思います。
posted by しんちゃん at 05:37| Comment(0) | 飛蚊症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

飛蚊症の治し方

今まさに飛蚊症で悩んでいる方は、

(1)病院で治るのか?
(2)治るとしたら、期間はどのくらいか?
(3)病院に行かずに、自力で治るのか?
(4)自力で治す方法はあるのか?
(5)絶対に治る方法はあるのか?

こんなところに関心があるようです。

まず、病院で治るのか? ということですが、

病院に行ったら、「飛蚊症は治りません」と言われたり、
「レーザー手術で治るかもしれません」と言われたり、
「角膜が薄いので、レーザー手術ができません」と言われたり、
様々な人がいるようです。

私は病院の先生に「飛蚊症は治りません」と
キッパリ言われてしまって、
もう放置するしかないと諦めていました。

また、レーザー手術をしたとしても、
治ったという人もいれば、治らなかったという人もいます。

なので、「相性」ということになると思います。

そして、(2)の期間なんですが、
レーザー手術自体はすぐに終わるみたいです。

2時間〜3時間で終わったという人が多いですね。

ただ、レーザー手術が終わった後に、
定期健診があるようです。

これが、2,3回、病院に行って、
その後の様態がどうかを聴くようです。


また、(3)の自力で治るか? ということですが、
私は完全に自力で治すことは無理だと思います。

サングラスを掛けて、飛蚊症を見えなくしたり、
サプリメントを飲んで、飛蚊症を治る
と言ってる人もいます。

サングラスについては、
飛蚊症は見えなくなったという人もいて、
サングラスが手放せないという人もいますね。

ただ、サングラスを外すとすぐに
黒い糸くずが見えるようになるとのことで、
飛蚊症が治ったという話は聞いたことがありません。

また、サプリメントですが、
私の周りでも、飛蚊症でサプリメントを飲んだ
という人も何人かいますが、
飛蚊症が治ったという話は聞いたことがありません。


なので、サプリメントで、
飛蚊症が治ったと言っている人は、
そのサプリメントが合っていただけです。

人によって効果がある人とない人がいて、
その効果のある人はサプリメントで飛蚊症が治っているのです。


要は、飛蚊症の原因を知ることが
重要になってきます。

なぜ、飛蚊症になったのか? ということで、
飛蚊症の治し方も変わってくるのです。

私は、飛蚊症の原因を知ることができたきっかけは、
前にも紹介したこの本でした。


また、飛蚊症が「絶対に治る方法」はないと思います。

それは、個人個人の「目」に違いがあるからです。

個人の視力、目の様態が違う以上、
万人に治る方法というのはないのではないでしょうか?

なので、レーザー手術ができる人もできない人もいますし、
レーザー手術をしても、治る人も治らない人も
いると思うのです。

私がこの本で学んだことは、目の仕組みを自覚できたことです。

それだけのことではありますが、
それがわからないから、何年間も治らなかったのです。
ラベル:飛蚊症 治し方
posted by しんちゃん at 09:02| Comment(0) | 飛蚊症の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。